映画でGO!TOP > スポンサー広告 > 希望のシグナル 自殺防止最前線からの提言映画でGO!TOP > 今週公開 > 希望のシグナル 自殺防止最前線からの提言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望のシグナル 自殺防止最前線からの提言

「自殺社会」から「生き心地の良い社会」へ (講談社文庫)
2010年、自殺率日本一を15年連続で記録した秋田県。秋田県山本郡の住職・袴田俊英は、かねてから人々のつながりが自殺を減らすと考え、コーヒーを1杯100円で提供し、人々が顔を合わせられる「コーヒーサロンよってたもれ」を町の交流館でスタートさせる。一方、秋田市では、NPO「蜘蛛の糸」を率いる佐藤久男が、自身の会社倒産とそれによるうつ状態になった体験をもとに困窮した経営者の自殺防止に取り組んでいる。そんな中、彼らは自殺対策に挑む他の民間団体に声を掛け、それぞれの連携を図る「秋田こころのネットワーク」を結成させる。

自殺って色々と思いはあるとおもいますが、甘えだと思います。

自殺の原因って9割が金銭問題でしょうが、それってなんとかなりますよね。

一番の問題なのは、自分の中だけで抱え込むということ。

相談ということも考えてみましょう。


と、映画の路線から外れてしまいましたが、、、。
関連記事
映画でGO!」のTOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。